三英化学とは

スペシャリストの3つの強みを活かして、お客様のニーズにお応えします。

国際調達力を生かし
安価な原料を仕入れます。

研究開発により、
原料のQualityを向上させます。

30年以上の薬品や食品添加物の
ノウハウによりMade in Japan
Qualityに仕上げます

3つの強みがあるから、国内で貴重な食品添加物の
亜硝酸ナトリウムのメーカーとして信用されています。

3つの強みがあるから、国内で貴重な食品添加物の
亜硝酸ナトリウムのメーカーとして信用されています。


当社に扱いのないものでも調達・手配することができるグローバルネットワークがあります。
アジア全土に30箇所以上のネットワークが存在しています。

専属の調達員が海外に常駐しており、ネットワークを活かして情報収集に力を入れ、現地にて調達の交渉をすることができます。
お客様のニーズに迅速にお答えできる体制が整っています。


お客様のニーズ、シーズにあった製品開発ができる既製品の課題解決、原因追求ができる

【新製品の開発】
専任の開発員を複数配置し、日々開発を進めています。
現在20種類の新製品開発を手がけています。

【課題解決、原因究明】
技術サービス員を配置し、国内国外の幅広いお客様の課題解決を日夜行っており、ニーズに沿った研磨液の製造や、かゆいところに手が届く活動を進めています。


オリジナル製品や原料の小分け提供や希釈・ブレンド販売ができる

【表面処理剤】
外観および性状:液体
サンライトA、サンライトS、サンクリーンHS-N、ケミカルクリーンNo.122をはじめ、主にアルミ製品向けの各種研磨液はアルミに光沢を与えます。
電解研磨に関する研究開発も進めています。
中国・タイ王国へ拡販しています。

【取扱い製品】
亜硝酸ナトリウム(工業薬品・食品添加物)
硝酸ナトリウム(工業薬品・食品添加物)
燐酸(75%・85%)/各種燐酸塩類
尿素(粉体・液体)

「商社機能」「研究開発」「製品製造」の3つの強みがあるからこそ、「食品添加物の亜硝酸ナトリウム基準」をクリアする貴重なメーカーとして、世界から信頼されています。

当社の食品添加物の亜硝酸ナトリウムは、2010年から製造を開始し、現在では国内のみならず、海外にも拡がっています。
食品添加物の亜硝酸ナトリウムは、ハムやソーセージの発色剤として使われており、また、特に恐ろしい食中毒菌としてよく知られているボツリヌス菌の増殖抑制効果があります。
現在、食品添加物の亜硝酸ナトリウムの代用品は存在せず、食肉加工技術の中で欠かせない製品となっています。

三英化学には国際購買した原料を
Made In JAPAN QUALITYにする技術があります

国際貿易室

現地駐在員により、現地の生の声を収集し、サプライヤーチェーンの担当者も情報ソースとして現地の価格動向、品質向上などの情報を素早く入手しアップデートしています。
このネットワークにより、安価で品質のより良い品物を国内は基より、国外においても入手しています。
海上輸送も海運会社と深いバインドを組み、コンテナ輸送はどこよりも安価に対応しています。

また、当社は国際競争力が高い中、高品質な製品を、中国、タイ、ハワイなどに輸出しています。

製造部門

食品製造課は、食品対応の食品添加物製造を行い、V型混合器2台をはじめ、多くのブレンド設備を有しています。
HACCP対応を完了し、現在ハラール対応の検討を進めています。
工業薬品課は、毒劇物製造並びに危険物第1類、第4類(2021年3月再開)と、溶解(非危険物化)の対応も実施しています。

研究開発部門

多様化するお客さまのニーズを的確に捉え信頼を得るためには、常に新しい着想を持って研究開発を重ねていくことが重要です。特に得意先ブランド製品に関しては、先方の希望と意図を正確に把握し、100%ご満足していただける製品づくりを心がけています。「お客さまのニーズに直結した製品づくり」、これが私たちの誇りです。
2007年には分析室を大幅に改修し、実験室を備えた研究開発施設を充実させ、2021年3月には、満を持して開発スペースを更に拡張したR&D棟も完成予定です。
自社製品並びにOEM製品の分析と新製品の開発を進めています。
今後とも、お客様の開発依頼や共同開発のご要望にお答えしてまいります。